ひまじん研究所 運営サイト

最近のトラックバック

« 【工作】ストローとLEDでライトセーバー | トップページ | 【工作】走る動物 ライオンキングごっこ »

2022年4月22日 (金)

【工作】ポップアップカード 東京駅


ポップアップカード(ペーパークラフト)東京駅の作り方。真っ白の紙で東京駅丸の内駅舎を作りました。窓を細かく切り抜いてライトアップ!光と影の幻想の世界を楽しもう。


無料の型紙はこちらから↓
ポップアップカード 東京駅の型紙 | Paper Craft Tokyo Station Building
http://himaginenoyakata.la.coocan.jp/hf036.htm


「東京駅」(型紙使用)を作ろう!


<材料>
・普通紙、ケント紙(または画用紙)


<道具>
・カッターナイフ
・定規(ステンレスエッジ付き)
・スタイラス(書けなくなったボールペンでも可)
・カッティングマット
・はさみ


<作り方>
①型紙をA4サイズの普通紙に印刷する
②型紙を印刷した普通紙をマスキングテープでケント紙(または画用紙)に貼る
 以下③~⑥は普通紙とケント紙の2枚が重なった状態で作業をする
③スタイラスで全ての折線に折り筋を入れる
④カッターナイフで窓を切り抜る(直線をカットする際は定規を使用)
⑤カッターナイフで切る線を切る
⑥カッターナイフで外枠を切る
⑦普通紙を取り外し、山折、谷折を確認しながらゆっくりと折り目をつけ半分に折り畳む
⑧しっかり折り目がついたら90度に開き完成


ポイントはスタイラスで折り筋をしっかりと入れてゆっくりと折っていくことです


【東京駅の歴史】
辰野金吾氏が設計し、1914年に完成した東京駅丸の内駅舎は、1923年の関東大震災でも被害はなかったのですが、1945年の空襲による火災で屋根を焼失し、1947年に2階建ての駅舎として生まれ変わりました。そして、2007年復元工事に着手することになり、2012年開業当初の丸いドーム、3階建てに復元されました。


【光と影のポップアップワールド 東京駅】
動画後半で紹介している東京駅の作品は、まさに東京駅復元工事中の2009年に制作した作品で、同年クリスマスシーズンに丸の内オアゾに展示させていただいたものです。図書館やインターネットで昔の駅舎を調べ、想像しながら一足先に作り上げました。故に2012年に実際に復元された東京駅を見た時は大変感動しました。赤いレンガが美しい駅舎ですが、作品はあえて白一色で作り、窓を細かく切り抜き、後ろから様々な色の照明を当てることで、様々な表情を醸し出すようにしました。


【撮影後記】
丸の内駅前広場は、皇居、日比谷公園、上野公園、代々木公園などと並ぶお気に入りの休憩スポットです。目の前に広がる駅舎は圧巻です。あまりお出かけしないファンキーも大喜びでした。東京駅の美しさを伝えたくて、また、実際の東京駅と作品を見比べてもらいたくて、導入部分が長い動画となりましたがどうかご容赦ください。東京駅構内の赤レンガ駅舎が乗っかっているポストにはがきを投函すると素敵な消印が押されます。皆ざまも記念に如何でしょうか?

« 【工作】ストローとLEDでライトセーバー | トップページ | 【工作】走る動物 ライオンキングごっこ »

ポップアップカード」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【工作】ストローとLEDでライトセーバー | トップページ | 【工作】走る動物 ライオンキングごっこ »

フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ