ひまじん研究所 運営サイト

最近のトラックバック

« 手作りストラックアウト ペットボトル空気砲 | トップページ | ゴムの力で動く車 牛乳パックで作る発射装置 »

2021年5月29日 (土)

プロペラカー モーターの力で動く車

モータープロペラカーを作ろう。
モーターの力でプロペラを回転させて動くプロペラカーを作りました。プロペラは「紙とんぼ」と同じ、トイレットペーパーの芯から切り出したものを使用しています。たくさんの子どもたちに楽しんでもらいたくて、電動ドリルやハンダごてを使った工程を終了したパーツを組み合わせて簡単に作ることができるキットにしてみました。レース場を作ってみんなでレースしよう。

プロペラの作り方については、「紙とんぼと紙コプター」の動画で解説しています。
https://youtu.be/rMOxBUIGRbI


工作で「プロペラ」や「電池ボックス」というと市販のものを購入しがちですが、手作りでもできるんです。トイレットペーパーからねじれたプロペラを取り出したり、牛乳パックやアルミホイルを使って電池ボックスを作ったり、…そんな工夫をお伝えしたくてこの動画を作りました。

私の中で車の工作最大の課題であった「曲がる」機能については、クリームケースを利用することで簡単に解決しました。100円ショップで2個セットで販売していたので思わず飛びついた次第です。LEDのヘッドライトを装備して暗闇でも楽しめるようにしました。

本モーターカーは単三乾電池1本(1.5ボルト)でモーターを動かしており、ほど良いスピードで走行します。単三乾電池2本にすればスピードアップも可能だと思います。ただし、単三乾電池が車の重量の半分を占めるほど車体は軽量化しているので、その辺の兼ね合いを検討する必要があります。また、プロペラの大きさ、形状も工夫の余地があると思います。より早いプロペラカーを作るには?といった自由研究も面白いですね。

レース場の観客席には、56本もの牛乳パックを使用しました。飲むのに数カ月かかりましたが、この観客席は今後も使えそうです。

①モーターカーの材料について
・トイレットペーパーの芯(プロペラ)1本
・スチレンボード(厚さ5mm)
・ペットボトルのキャップ5個(タイヤ4個、ハブ1個)
・竹ひご(直径3mm)
・ストロー(直径5mm)1本
・モーター1個
・牛乳パック1本
・アルミホイル
・目玉クリップ1個
・ゼムクリップ2個
・単三乾電池1本
・クリームケース2個
・LEDライト2個

②レース場の材料について
・牛乳パック56本
・竹ひご
・画用紙
・厚紙
・スチレンボード

③道具について
定規、はさみ、カッターナイフ、セロハンテープ、両面テープ、
ニードル、電動ドリル、かまぼこ板、ハンダごて

「工作とは工夫して作ること」だと思います。ちょっとした工夫で遊びがどんどん広がります。皆様も是非お楽しみください。

« 手作りストラックアウト ペットボトル空気砲 | トップページ | ゴムの力で動く車 牛乳パックで作る発射装置 »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手作りストラックアウト ペットボトル空気砲 | トップページ | ゴムの力で動く車 牛乳パックで作る発射装置 »

フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ