スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

エコのみっくす

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

東京六大学合同演奏会

東京六大学応援団連盟の第40回合同演奏会へ行ってきました。

Blog3338

それぞれの大学での応援活動が忙しい中、6つもの大学のメンバーがよく揃って練習できたものです。

息のあった素晴らしい演奏を聴かせてくれました。チアの合同演技も素晴らしかったです。

六大学応援団の強い結束力を感じました。

2014年6月22日 (日)

32ヵ国代表ユニホーム

行幸地下ギャラリーで「AP通信ワールドカップ報道写真展 1930-2014」が開催されています。

出場32ヵ国の代表ユニフォームも展示されています。

Blog3333_2
人通りの少ない地下ギャラリーにひっそりと展示されています。

荘厳な風景です。

Blog3334
本代表ユニフォーム。

Blog3335
コロンビア戦、がんばれ。

2014年6月16日 (月)

うらやす市民大学開講式

うらやす市民大学開講式に出席しました。

今年もうらやす市民大学で学びます。

Blog3337
開講式に引き続き、学長による「うらやす市民大学の意義と可能性」、市長による「浦安市のまちづくり」の2つの講座がありました。

少子化、超高齢社会、震災復興など、市が抱える様々な課題に対する取り組みについて市長から直接お話を聴くことができ、とても良かったです。

これから1年、それぞれの取り組みについてじっくり考えてみたいと思います。

2014年6月14日 (土)

六旗の下に

今年も「六旗の下に」に行ってきました。

Blog3336
熱い熱い6時間でした。

2014年6月13日 (金)

ワールドカップ開幕!

様々な問題を抱えつつもいよいよワールドカップが開幕しました。

何とも微妙な気持ちです。北京オリンピックの時も同じでした。

大きなお金が動く祭典の裏には・・・まさに光と影。

一旦始まってしまうとメディアはお祭り気分一色になってしまいます。

2020年の東京オリンピックを迎えるのが怖いような・・・

でもワールドカップで世界のスタープレーヤーの卓越した技を見たい!

純粋にスポーツは素晴らしいものです。

私も日本代表の活躍を楽しみにしています。

ということで日本代表ポップアップカードを紹介します。

カードの表には日本代表のユニホームの前面をデザイン。

Blog3330
カードの裏にはユニホームの背面をデザイン。

C000034
そしてカードの中は「シュート!」

サッカーボールが手前にドーンと飛び出します!

C000035

結果は当然「ゴーーーーーーール!」といきたいところです。

まずは初戦コートジボワール戦、何点入るかな。

ポップアップカードのひまじんのやかた もよろしく!

2014年6月 4日 (水)

ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場

国立西洋美術館。

近代建築の三大巨匠の一人、ル・コルビュジエ設計の日本唯一の建築物です。

Blog3326

この建物もアートな美術館で「ジャック/カロ リアリズムと奇想の劇場」、そして「非日常からの呼び声」を観てきました。

Blog3327

ジャック・カロは作品はまさに劇場と呼ぶに相応しいものでした。

華やかな王宮の生活や町の様子、道化やジプシー、酔っ払いや乞食、そして戦争を題材にしたものまで、まさにリアリズム。人間の営みのワンシーンが劇場でのワンシーンのごとく切り取られていました。

中でも戦争の惨禍シリーズは心に深く突き刺さりました。戦争で人間は人間でなくなってしまう、その情景が淡々と描かれていました。

常設展もしっかり観てきました。

モネの「舟遊び」、「睡蓮」を前にして、その素晴らしさに時を忘れてしばらく立ち尽くしてしまいました。

水面の美しさ、光のとらえ方、写真で見ても感動していましたが、本物は素晴らしすぎました。

心に響くたくさんのアートに触れることができて大満足。

上野散策

のんびりといろんなものに見て触れながら町を歩くのが好きって歳をとったからでしょうか。

今日は上野を散歩。

駅を出ると早速面白い人に遭遇。ブラック&ホワイト?

Blog3322_2

何かの宣伝のようです。ただ動かずじーっとしているだけ。

でもみんな立ち止まって見るので宣伝効果はすごいですね。

写真を撮ってツイッターにアップしたりして・・・

私も写真を撮ってブログに載せて宣伝に協力。

しかし、上野で動かない人というとこの方に優る方はいないのではないでしょうか。

西郷さんです。

Blog3321_2

後姿の方がいいですね。

哀愁漂う背中がいい!

上野の町を見守り続けて百数十年。随分町も変わったと思っていることでしょう。

こんなに大きな建造物ができるなんて想像していたでしょうか。

Blog3323_2

現代の人々の営みをどう思っていることでしょう。

正岡子規記念球場はまさに草野球場。

ベースボールが野球と訳され百数十年。野球は日本の文化になりました。

Blog3324_2

アメ横も随分雰囲気が変わりました。

飛び交う異国語、まるで外国へきたようです。

Blog3325_2

二木の菓子ではテレビで見たようにタイ人が抹茶味のキットカットを大量に購入していました。

町にはその町の空気のようなものがあって楽しいですね。

大切なのは五感をしっかりと働かせていること。

そうしていると面白い発見が必ずあります。

町歩きで五感を鍛えよう!

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


スポンサードリンク


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ