スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

エコのみっくす

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« ディベート大会 | トップページ | 壁にトナカイ »

2011年12月20日 (火)

1-2 静電気の歴史

今回は静電気の歴史を振り返ってみましょう。

今から2600年くらい前、ギリシアにタレスという人がいました。

Blog2178

古代ギリシアと言えばアテネのアクロポリスにあるパルテノン神殿が有名ですがそれができる100年以上も前の話です。

Blog2181

(上の写真は「ほのぼのノリかめ日記」のノリかめさんにお願いして使用させて頂いています。)

みなさんは琥珀(こはく)を知っていますか?

琥珀とは木の樹脂(やに)が地中で長い年月をかけて石に変わったものです。中には木の葉やアリやクモなどが入ったものもあります。
映画「ジュラシックパーク」では琥珀に閉じ込められていた蚊から恐竜のDNAを取り出して恐竜を甦らせました。

Blog2179

(上の写真は「このジュエリーはレモン味です。」のReeさんにお願いして使用させて頂いています。)

タレスはこの琥珀をこすってわらや木の葉をくっつける実験をしました。

それにしても琥珀って美しいですね。当時からギリシア人たちは琥珀をネックレスなどのアクセサリーとして使っていました。きっと誰もが美しい琥珀をこすって磨いたことでしょう。

Blog2180
(上の写真は「このジュエリーはレモン味です。」のReeさんにお願いして使用させて頂いています。)

はるか昔、紀元前600年頃に既に「静電気」の存在を知っていたのです。

因みに電気を表す「electricity」は「琥珀」を表すギリシア語の「エレクトロン」からきています。

歴史を紐解くといろんな発見がありますね。

次回は身近なもので静電気を起こしてみたいと思います。それではまた。

ひまじんの工作図鑑では静電気を使った工作のアイデアも紹介しています。

« ディベート大会 | トップページ | 壁にトナカイ »

おもしろ科学実験」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、私のブログにリンクして下さってありがとうございます。

静電気を帯びる言えばトルマリンも。
和名を「電気石」と言って、熱を加えると結晶が電気を帯び
磁石のように小さな紙片等をひきつける性質を持っているらしいです。
(やってみたことは無いですが・・・・)
展示しているトルマリンビーズのネックレスが
いつの間にか埃だらけになっていてびっくりしたことがあります。
他の石のネックレスに比べて明らかにたくさんの埃を吸い寄せていました。

Reeさん
この度は誠にありがとうございました。
「トルマリン」というのは初めて耳にしました。全く知識のない分野でして・・・(恥)
和名「電気石」とはすごいですね。ワクワクします。
実験で面白く使えそうですね。と言っても私、「理科」はあまり得意じゃないんですけどね。(笑) 楽しいところだけをつまみ食いしています。
貴重な情報と美しい写真をありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/53522346

この記事へのトラックバック一覧です: 1-2 静電気の歴史:

« ディベート大会 | トップページ | 壁にトナカイ »

フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


スポンサードリンク


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ