スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« クリスマスツリー | トップページ | マジックウェーブステッキはステキ! »

2011年11月16日 (水)

レンズのひみつ その8

これまでの実験で虫めがね(凸レンズ)は直角に入った光を1点に集めるはたらきがあることがわかりました。

それではレンズを通った光が焦点に集まった後、どのように進むのかみてみましょう。

Blog2045

焦点距離の短い凸レンズと3色のLED光源装置を使います。

Blog2046

レンズに光を当ててみると・・・

Blog2047

見づらいので暗くしてみると・・・

Blog2048

光は焦点で交わりその後も真っ直ぐ進んでいます。

このことより、レンズのひみつ その7 で像が逆さまにうつった理由も分かりますね。

焦点より遠いところにモノがある場合、以下の絵のように光は進み像がさかさまに見えます。

Blog2049

一方焦点より近いところにモノがある場合、下の絵の点線の先の大きなモノを見ているように見えます。

Blog2050_2

虫めがねのはたらきについてほんの少し分かってきましたね。

それでは次回につづく・・・。

レンズを使った虫めがねカメラについてはひまじんの工作図鑑で紹介しています。

« クリスマスツリー | トップページ | マジックウェーブステッキはステキ! »

おもしろ科学実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/53239580

この記事へのトラックバック一覧です: レンズのひみつ その8:

« クリスマスツリー | トップページ | マジックウェーブステッキはステキ! »

スポンサードリンク


フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ