スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« 暇人 | トップページ | レンズのひみつ その2 »

2011年11月 7日 (月)

レンズのひみつ その1

子どもたちに人気のレンズの実験。

「レンズのひみつ」と題して、今日から何回かにわたってレンズについて皆さんと一緒に勉強したいと思います。

本当の理由は、自分のお勉強のために記録しておきたいから、そして何よりも今ブログのネタが見つからないから、だったりして。ご了承下さい。

さて、そもそもレンズとは一体何でしょう。

Blog2010_9
辞書を調べると「2つの球面、または球面と平面とで囲まれる透明体」と書いてあります。

要するにレンズを横から見た時に上の図のような形状のものがあるといえます。

レンズの種類には、縁より中央部が厚い凸レンズ と 縁より中央部が薄い凹レンズ があります。

上の図でいうと左の2つが凸レンズ、右の2つが凹レンズということになります。

近視の私のメガネは凹レンズですね。

私たちの身の回りにはレンズを使ったものがたくさんありそうです。

次回につづく・・・。

レンズを使った虫めがねカメラについてはひまじんの工作図鑑で紹介しています。

« 暇人 | トップページ | レンズのひみつ その2 »

おもしろ科学実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/53181173

この記事へのトラックバック一覧です: レンズのひみつ その1:

« 暇人 | トップページ | レンズのひみつ その2 »

スポンサードリンク


フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ