スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

エコのみっくす

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« 東京観光 | トップページ | ギャラリー三平 »

2011年5月24日 (火)

エッグドロップコンテスト

突然ですが、あるNPOを手伝ってこれから8回にわたって子どもたちと一緒に科学の研究に取り組んでいくことになりました。

Blog1756

「子どもたちには将来立派な科学者になって人々の幸せのために貢献してほしいものです」・・・とひまじんもすっかり大人目線です。

ところが初対面でいきなり モンキー というあだ名をつけられてしまいました。

Blog1759

く、く、く、く、く、屈辱・・。

ひと言 猿みたい」 だって! くそー。

でも40代のおっさんが小学生と同じレベルで言い争うわけにもいかず・・・ここはにこやかに流すことに。今に見てろよ!

今回は課題実験「エッグドロップコンテスト」でした。

四つ切画用紙1枚でたまごを守る装置を作って2階から落として割れなきゃよし!ってやつです。

本当はいろんなアイデアを試したかったのですが、モンキーと言われて負けるわけにもいかず・・・ここはひとまず勝ちにいくことにしました。←大人気ない!

ひまじんの装置はこれ。
落下速度を落とすパラシュートに衝撃を和らげるコーン、その中にたまごが入っています。基本中の基本、まさに『正解』といえるような装置です。

「フフフ、大人をあまくみるなよ!」

とりあえず子どもたちを喜ばせるために「モンキー」の絵も描いてみました。勿論子どもたちには大うけです。

「笑っていられるのも今だけだぞ!」

Blog1757

子どもたちの独創的な装置を見ながら、

おーっ、すげーじゃん

キミ、天才だなー

もしかしてガリレオの生まれ変わり?

などと言いつつも、心では「それじゃ絶対たまご割れるな。フフフ」とニヤニヤを抑えられないひまじんでした。

そしていよいよ実験開始です。

子どもたちより先に成功させてギャフンと言わせてやる!と勇んで先に2Fへ。

3・・・2・・・1・・・0

そのバカにした目が、尊敬の眼差しに変わる瞬間を見逃さないぞ!

「行け-----っ!」

クシャ

ん・・・・・「ク・シ・ャ?」

Blog1758

割・れ・て・い・る・!

階段の下では子どもたちの声 「キャハハハハ♪」

中には「これが、こうで、こうだから、割れたんだよ」と解説する子まで。

orz

何人かの子どもは成功し(←何人成功したかも頭に入っていない!)ますます

orz

それ以降はますます「モンキー」と呼ばれるようになってしまいました。

次回おぼえてろよ。

« 東京観光 | トップページ | ギャラリー三平 »

おもしろ科学実験」カテゴリの記事

コメント

これ、某大学でも授業のカリキュラムであるんですよね~!
私もやってみたいと思ったけれど、卵もったいないような気がして・・・
割れた卵は食べるんですか~?

くらひろみさん
最近はこどももやることが多くなりましたが大学生や大人よりはるかに素晴らしい装置を作ります。(笑)
このプロジェクトで大切なのは全てが目的から始まるということです。
今回の目的は「タマゴを守る」です。勉強って本来何か目的(自己実現)があって始めるものです。受験や就職のためではないってことです。そこを変えたい!
今回はタマゴは持ち帰りです。サイエンスクラブカメレオンではタマゴ焼きにして食べるって意見です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/51734505

この記事へのトラックバック一覧です: エッグドロップコンテスト:

« 東京観光 | トップページ | ギャラリー三平 »

スポンサードリンク


フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ