スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

エコのみっくす

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« 創作家の皆様と・・・ | トップページ | 光と影のポップアップワールド展 全作品 »

2009年12月18日 (金)

光と影のポップアップワールド展 ディスプレイ

今回の展示で最も力が注がれたのは展示ディスプレイのデザインかもしれません。(笑)

Blog0953

今回の展示ディスプレイのデザインのポイントは・・・

Blog0954

①作品の特性に合わせて「覗き見タイプ」、「のっぽさんタイプ」、「東京駅タイプ」の3つの種類のディスプレイを用意しました。吹抜けの高い天井、広いスペースに見劣りせず存在感を示すことができるようにデザインしています。

Blog0955

②白い作品に対して黒一色のディスプレイで光と影をイメージしました。

③光と影の効果を最大限に発揮できるように作品によって照明の位置を設定しています。

Blog0957

④ディスプレイ本体に作品名を表示し上質な雰囲気を出しています。

⑤「覗き見タイプ」には思わず覗いてみたくなるような美しいメッセージを表示し、人々を幻想の世界へ誘います。

Blog0958

⑥豪華な横長タイプの東京駅専用ディスプレイでは、作品を前、上、横から見ることができます。後ろからの照明は「空」用と「建物」用の上下2段に設置し、時間と共に色が変化します。ノスタルジックな駅舎にしばし魅了されることでしょう。

Blog0956

作品より高価なディスプレイです。(笑)

« 創作家の皆様と・・・ | トップページ | 光と影のポップアップワールド展 全作品 »

ポップアップカード 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/47028434

この記事へのトラックバック一覧です: 光と影のポップアップワールド展 ディスプレイ:

« 創作家の皆様と・・・ | トップページ | 光と影のポップアップワールド展 全作品 »

フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


スポンサードリンク


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ