スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« 写楽 幻の肉筆画 | トップページ | にこにこ工房 »

2009年9月 7日 (月)

伊藤公象 WORKS 1974-2009

東京都現代美術館で開催中の「伊藤公象 WORKS 1974-2009」を観てきました。

Blog0807

「秩序とカオス」・・・難しそう・・・
私の拙い表現力では展示内容について説明することはできませんが・・面白い発見はたくさんありました。少し解き放たれた気分です。

« 写楽 幻の肉筆画 | トップページ | にこにこ工房 »

芸術」カテゴリの記事

コメント

私自身は、至って解り(判り)やすい創作を意識してるのですが、こういった深い芸術には、よく解らないなりに感化されるところってありますね。
作者の意図としては、決して難しいことを表現しているのではなく、本来・誰もが持っている感性であったり、埋もれているものなのだと思います。

薄っぺらな・付け焼き刃創作人にならないためにも、お手本として、機会があれば鑑賞したいものですね。
(近いうちに横手市で、ネオテニー・ジャパンという若手トップアーティストの展示を観る予定でいます。都心でも催しがあるはず。検索してみて下さいな(笑)。)

はなた様
理解するより感じるモノですよね!
よく展示作品の横にタイトルや説明書きなどがありますが私は読みません。やはり作品を観る時は白紙の状態が一番です。
ネオテニー・ジャパン、調べてみました。面白そうですね。

すみません;東京での展示は、ひとまず終了してましたね^^;
出展者のお一人:鴻池朋子さんは、秋田県ご出身の方なのですが、只今・下記で展示をされてるようです。ちなみに先日、日曜美術館でも紹介されてましたよ。

http://www.operacity.jp/ag/exh108/index.html

ご参考まで。

一時期、展示作品の解説をしっかり読んでいたときがありましたが、知識を詰め込まなくてはと勉強しているみたいになって純粋に楽しめなくなったので、最近私もあまり読まなくなりましたね。

はなた様
鴻池朋子さんのサイト拝見しました。とても面白そうですね。機会があれば是非観に行きたいです。
ありがとうございました。

ゆっきい様
芸術鑑賞って感動も大きいですが結構疲れます。特に目が疲れます。小さな解説を読んでいると尚更です。折角目の前に作品があるのだから力をそちらへ注ぎたいと思っています。
気に入った作品について深く知りたくなった場合は、図録を購入したり、ネットで検索したり・・・後で調べます。

ご無沙汰でした。
昨日帰宅、先ほど、久しぶりで、此処見たら、サーっと開けた。
俺のネット環境が変わったのか?
兎に角、嬉しい。
(草刈で疲れ果てての帰宅でした)

隠居様
ご無沙汰をお許し下さい。
サーっと開けてよかったです。しかし原因は全く分かりません。また遅くなるかも・・と不安です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/46085675

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤公象 WORKS 1974-2009:

« 写楽 幻の肉筆画 | トップページ | にこにこ工房 »

スポンサードリンク


フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ