スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

エコのみっくす

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

サブダさんのナルニア国物語

先日、イクスピアリの丸善で立ち読みし、これまた凄いポップアップ絵本が出たぞ!と喜んでamazonにて購入したロバート・サブダさんの「The Chronicles of Narnia」(ナルニア国物語)が昨日届きました。

Narnia

サブページはかなり減ったのですがその分飛び出しが大きくなっています。ページ数も見開き7ページ!(不思議の国のアリスやシンデレラ、恐竜時代などは6ページ) 素材にも工夫が見られまさに最高の作品!

・・・のはずだったのですが、品質が少し悪かったです。手作りのポップアップ絵本なのでいつかはこういうものに当たるのではないかと思っていましたが・・・・・ショックです。

7ページ中3ページは変な折り癖がついていて開くと閉じることが出来なくなります。また変なところが接着されうまく開かないページが1ページ、逆に糊付けが甘く部品が取れかかっているページが1ページ。要するにまともに開いて閉じられるのはたったのは2ページだけだったんです。

中国で作っているから・・・・・とは思いたくはないのですが・・・・・とても淋しいです。
もしかしてこれはハロウィンの悪戯?

30分ほどかけて変な折り癖を正し調整したところ何とかスムースに開閉できるようになりました。改めて見てみるとやっぱり凄い作品ですねー!嬉しい。

2007年10月30日 (火)

中山法華経寺へ 其の一

先日、中山法華経寺までサイクリングしてきました。実は中山法華経寺へ行くのはこれが初めてだったりして。折角ですのでこれから3回にわたって少しずつ紹介したいと思います。

中山法華経寺といえば鎌倉時代に日蓮聖人(1222~1282)が最初に開いたお寺ということで有名なお寺です。市川市民としては知っておきたい所です。

まずは中山法華経寺へ行くに当たって市役所でガイドを入手。(下の写真)これも生活の知恵!

Nakayama10

「文化の街かど回遊マップ 中山編 春~夏」というものです。「春~夏」というのが少々ひっかりますがまぁいいか。 とても見やすい地図で、見どころ、食べどころも詳しく紹介されており、なかなかのものです。無料なので尚更嬉しい!

地図と水筒をリュックに詰め早速出かけてみることにしました。

【総門(黒門】

Nakayama01

千葉街道から100mほど入ったところに大胆で豪快な作りの総門(黒門)があります。朱塗りの赤門に対して通称「黒門」と呼ばれているそうです。

Nakayama11

中央の額は掛川城主、太田資順(おおたすけのぶ)が書いたものだとか。うーむ、昔の人はみんな字がうまかったのかな?

【仁王門(赤門)】

Nakayama02

黒門から更に200mほど進むと仁王門(赤門)があります。その名の通り左右にはおっかない仁王像が設置されています。先ほどの黒門に対して通称「赤門」と呼ばれているそうです。

Nakayama12

こちらには「正中山」と。寛永三筆の一人、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が書いたそうです。「正」という字がいいですね!

と2つの門を紹介しただけですが今日はこの辺で。

2007年10月29日 (月)

ハロウィンミニSL

「ららぽーと東京ベイ」で見つけたハロウィンのミニSLです。素敵な飾りつけでワクワクします。

Halloween08

素直に乗ってみたい。と思ったのですが、一人きりで一体どんな顔をして乗ればよいのか・・・怖い顔をして子ども達を怖がらせる? ニコニコと笑顔を振りまく? ゴルゴ13のように渋くキメる? 恐怖で顔をひきつらせる? ・・・いろいろ考えたのですが良い考えが思いつかなかったので断念。

下はショッパーズプラザ新浦安の吹き抜けの巨大なお化けカボチャです。

Halloween07

この大きさなら市内の悪霊全てを追い払うことができそうですね。

2007年10月28日 (日)

だまし絵立体⑤ たねあかし

たねあかし第2弾。こちらも杉原厚吉さんの「だまし絵であそぼう」という本の型紙を参考にさせて頂きました。

Damashi006

この写真では一体どうなっているのかよくわからないですね。(すみません)
かなり歪んだ立体なんです。

現実には有り得ないと思っていた形、勿論皆様が想像していた形とは異なりますが、そのように見えるものは確かに存在するのです。私たちはモノのほんの一部分しか見ていないんですね。

2007年10月27日 (土)

新宿

新宿駅東側にある世界有数の繁華街 歌舞伎町。

若かりし頃、、シネシティ広場(コマ劇場前)で何度夜を明かしたことか・・・紀伊国屋の路地裏にあったピット・インでジャズを聴き、ディスコ”ニューヨーク・ニューヨーク”で踊って、・・・・・週末は遊び明かしたものです。

居酒屋で隣のテーブルの客と意気投合し飲み明かしたり、終電を逃し深夜の喫茶店で相席した人と語り明かしたり、変なお店でぼったくられたり、喧嘩に巻き込まれたり・・・・・

そんな思い出がたくさんあるシネシティ広場。

Shinjuku05

居酒屋で隣のテーブルの客と意気投合し飲み明かしたり、終電を逃し深夜の喫茶店で相席した人と語り明かしたり、変なお店でぼったくられたり、喧嘩に巻き込まれたり・・・・・

そんな歌舞伎町とは対照的な新宿駅西側。高層ビルが群がるビジネスマンの街。日本屈指のオフィス街です。

Shinjuku01

天を貫く高層ビル群、中でも都庁はその高さと斬新なデザインで際立っています。設計はフジテレビ本社ビルや新宿パークタワーなどで有名な丹下健三氏です。先日惜しくも亡くなられた黒川紀章氏も丹下研究室出身です。

Shinjuku02

都庁展望台にはその模型も展示されています。建築模型って素敵ですねー。

Shinjuku03

NSビルから見た三角ビルです。夜の帳が降りてくる頃が一番素敵です。学生の頃、代々木公園から高層ビル群のキラメキをぼんやり眺めるのが好きでした。

Shinjuku04

昔から好きな三角ビル(住友ビル)は、中が空洞になっていて上から見下ろすとスターウォーズの1シーンのような光景が広がります。

Shinjuku07

夢、欲望、哀しみ、挫折・・・人々の様々な想いが渦巻く街「新宿」、今日も人々の数だけ様々なドラマが繰り広げられている。

2007年10月26日 (金)

スプリング遊具 ストックカー

待ち合わせなどでちょっと時間に余裕があると、その辺にある公園を探検しているのですが、久しぶりに楽しいスプリング遊具に遭遇しましたので記事にしました。

場所は文京区根津駅そばにある根津一丁目児童遊園。平成15年6月30日に開園した面積446㎡の小さな公園です。

じゃーーーーーーん!

Koen001

スプリングライドでこれほど大きいものは滅多にありません。1人用の小さな自動車のスプリングライドならよく見かけるのですが・・・これはとても大きくてリアルです。

よーく見るとタイヤにはURLが・・・。おーっこれはアメリカの遊具メーカー、ゲームタイム社のURLではありませんか。1929年設立の歴史ある遊具メーカーなんです。 さすがアメリカ、大きな遊具を作りますね。

Koen002

このスプリング遊具の正式名称はゲームタイム社「ストックカー」です。どうりでドアの窓にサイドネットがついている訳ですね。ストックカーと言えばアメリカを象徴する自動車レース、あのバンクのついたコースを高速でグルグル回るやつです。映画「デイズ・オブ・サンダー」ではストックカーレースに青春の全てを賭けた若者(トム・クルーズ主演)が描かれていましたね。

Koen003

アメリカでは幼い頃から公園でストックカーに慣れ親しんでいるんですね。大人になってレーサーになる人も多いことでしょう。

どうしてもコクピットに潜り込みたかったのですが幼稚園児2名が複合遊具の高台から公園内を監視していたのであきらめました。以前の私なら全く平気だったのですが、最近の園児たちは恐いので・・・。公園内でカメラを持っていると「あの人パンチラとってるぅ~変態」って大声で騒がれたりするんです。

因みに下の写真は江戸川区の東部公園にあるゲームタイム社製「恐竜冒険仲間(勝手に和名をつけてみました)」です。こちらは子どもたちに「へんなオヤジだ~逃げろー」と言われながらもちゃんと乗ってみました。最高にビンビンくるライドでした。

Koen004

以前、映画「ジャック・フロスト」の中で「恐竜冒険仲間」を見つけたときは感動しました。マイケル・キートン演じるジャックの息子チャーリーが通う学校にあったのです。ほんの0.5秒ほどしか映りませんが公園遊具マニアとしてはそれだけで感激でした!

以上、ひまじんの変な趣味の紹介でした。

2007年10月25日 (木)

外から見ると・・・

夢の世界を外から見ると・・・

Ryokou016

こんな感じです。

海のむこう側からは時折花火がパンパン、アップテンポの曲が大音響で流れてきます。
海のこちら側では芝生や砂浜で昼寝をしたり、絵を描いたり、お弁当を食べたり、潮風を感じながらのどかで静かな時間が流れています。

こちら側からみると、こちらが夢の世界、あちらが現実の世界って感じるのは私だけでしょうか。

2007年10月24日 (水)

だまし絵立体④ たねあかし

3回にわたって紹介してきただまし絵立体如何でしたか。これから3回にわたってたねあかしを行います。尚、今回の立体を作るにあたって杉原厚吉さんの「だまし絵であそぼう」という本の型紙を参考にさせて頂きました。

Damashi005

どうでしょう?
モノを見る時、如何に先入観で見ているかわかりますね。1枚の写真はモノのほんの一部分しかとらえていないのです。いろいろな見方をすることが大切ですね。

本当にだまし絵の世界はおもしろい!

2007年10月23日 (火)

意味はないけど・・・

観覧車って大きな回転輪がとってもきれいですよね。特に夜、ライトアップされた時はその美しさにうっとりさせられます。

観覧車を写真におさめる場合、その大きく丸い回転輪を撮るのが普通ですよね。でもそれでは何だかひまじんではな~い!と思いこんな写真を撮ってみました。

Ryokou017

如何でしょう?
左はお台場の「パレットタウン観覧車」、右は葛西臨海公園の「ダイヤと花の観覧車 」です。

写真から分かるように回転輪を横から見るとまるで数字の「1」、棒状にしか見えません。(←当たり前です!)トリックアート的にいうと、この棒状のものがまさか丸い回転輪だとは誰も気づかないのではないでしょうか?

もしあなたが高層マンションを購入し、「さて夜景でも見るか」とバルコニーからお台場方面を眺めたとき、この写真のような棒状の観覧車が見えたらどう思います? 最悪だぁと嘆きますが?それともとても貴重なスポットだと喜びますか?(そんな質問してどうする!)

ひまじん的観覧車の見方の紹介でした。

2007年10月22日 (月)

イクスピアリのハロウィン

イクスピアリでは「イクスピアリ・ハロウィーン2007」開催中です。

先日、ディズニーリゾート外周をジョギングした後、ハロウィンの飾りを楽しんできました。

まずはエントリー・プラザの飾りです。

Halloween05

Halloween06

セレブレーション・プラザのトリック・オア・トリートツアーの受付です。このツアーでは仮装したこどもたちがイクスピアリ内を練り歩きます。

Halloween03

イクスピアリの街の中、あちこちにあるショーケースの上の飾りです。

Halloween04

ハロウィンは日本でも定着してきたようですね。特にディズニーリゾートでは仮装をした人をたくさんみかけます。ハロウィンの意味がどれほど浸透しているかについては?ですが・・・。

2007年10月21日 (日)

千葉県児童生徒・教職員科学作品展

昨日、海浜幕張の千葉県総合教育センターで行われている「千葉県児童生徒・教職員科学作品展」に行ってきました。

Ryokou018

各市町村の予選を勝ち抜いた作品がここに集結!

Ryokou019

論文・作品のレベルの高さには驚きです。大人顔負け!というか私には難しすぎて理解できないような論文がたくさんありました。こんな難しいことやっているのかぁと感心するばかりでした。私の卒論なんて子供騙しにもなりませんね。

こんな記事しか書けない大人の私、何だか恥ずかしいです。

2007年10月20日 (土)

郵便配達シミュレーター

先日、訪れた「ていぱーく」、勿論常設展示も見学してきましたよ。

平日の昼間ということもあり、ほとんど貸切状態だったんです。
「やったー!ラッキー!存分に楽しめるぞー!」

しかしそんな「幸せ感」もほんの数分でどこかへ・・。どこへ行っても一人っきり、あまりにも寂しすぎる。こんなんでいいのか?

そこで、少しでも気分が盛り上がるように「博物館に居そうな人」の物真似でもすることにしました。ポンッと手をたたいて「なるほど!」と声を出してみたり、「ふむふむ」と言いながら何度もうなずいてみたり、腕組みをしながら「うーむ」と首を傾げてみたり、・・・・・。きっと監視カメラの映像を見ている人も退屈でしょうから。サービス!サービス!

しかしそんな物真似もすぐネタが尽きてしまい、今度はどうしようと思っていたその時、
「わおー!」(不覚にも声が出てしまった。) 
とっても楽しいものを見つけたんです!

本物の郵便配達の赤いバイクが目の前に!そして何やらバイクの前にはモニターが・・・きっとゲームなんだ!

乗ってみたい!乗ってみたい!乗ってみたい!乗ってみたい!乗ってみたい!・・・

誰も見ていないことを確認し、腕組みしながらそっとバイクに近づく・・・
「郵便配達シミュレーター???」

Ryokou015

ふむふむ。何やら制限時間100秒の間に、町の家々に郵便を届けるゲームらしい。

やってみたい!やってみたい!やってみたい!やってみたい!やってみたい!・・・

もう一度辺りを見回して一人であることを確認(用心深い私です)し、さっとバイクにまたがってみました。「おー本物だー!」 とりあえず邪魔なリュックを後ろの荷台の箱に入れて、思いっきりがに股で乗ってみました。ヤンキーみたい。結構楽しいじゃないか。続いてレーサーのように前傾姿勢をとったその時・・

「あの、それ接触が悪いんです!」 横に若い女性コンパニオンさんが立っていました。

これにはさすがの私も固まってしまいました。汗だけは顔を滝のように流れ・・・恥ずかしい!しかし取り繕う術が全くない。

「えっ、そ、そうなんですか?」とスタートボタンを押してみたが確かに何の反応もない。

「すぐ、調整しますんで・・・」とコンパニオンさん。

「いやぁーべ・別に・・あ・・いいです。あの」シドロモドロな私。

「はい、もうできますよ。」とあっという間に直してしまったコンパニオンさん。「さぁ、どうぞ」と詰め寄る。

ここまでくるともうやるしかない。このコンパニオンさん、私のことを変人だと思っているのだろうか?と一瞬考えたが、今更考えてもしようがない。

覚悟を決めて「あ、ありがとうございます。」とスタートボタンを押してみる。コンパニオンさんは後ろでずーっと見ている様子・・。まるで鈴鹿サーキットにいるバイクレーサーとレースクイーンだ。(そんなアホな!)しかしこんな状態じゃ緊張してやれない!でもゲームのイントロも終わりいよいよスタート。同時にフルスロットル!

緊張でガチガチ、家の門戸でバイクを止められない!当然配達もできやしない。何度も何度も同じ道をぐるぐると・・・とても悲惨なものでした。

コンパニオンさんも「今です!」、「そこです!」とアドバイスしてくれるのですが・・・その通りできないちょーカッコ悪い私。

緊張の100秒(10分にも20分にも感じられた)が終わり、ゲームオーバー。たった2件にしか配達できず。

「意外に難しいですねー。久しぶりにバイクに乗ったもので・・・」と苦し紛れの言い訳をしながら振り返ると、もうそこにコンパニオンさん姿はありませんでした。

きっとあまりにも下手だったので終わった後何と声をかければよいか分からなかったのだろう。

あーやらなきゃよかった。何でやったんだろ?別に将来の夢が郵便配達員だったわけでもないのに。でも配達が上手くても下手でもコンパニオンさんから見ると「変な人」であることには変わりなかっただろう。まぁいいか。

郵便配達員さま、いつもありがとうございます。

2007年10月19日 (金)

船橋

工作の材料や道具を購入するためによく行くお店?を紹介します。今回は船橋編。

私の工作教室は基本的に廃材を利用しているのですが、ある程度の数量が必要な場合は止むを得ず購入することもあるんです。

まずはやっぱりダイソー。いつも頼りにしているダイソーです。大きく創るから「大創」、何だか私にピッタリ?? 自宅から徒歩2分くらいの場所にも比較的大きなダイソーはあるのですがどうせ行くならやっぱりこの「ギガ」船橋店。(一体何がギガなんだろうか?)
地上6階、地下1階、売場面積が2000坪もあり、ゆっくり見ていると軽く1日を費やしてしまいます。ギガ町田店と並んで最も大きな店舗なんだそうです。(そのうち”テラ”も出るかも?)

Ryokou004

続いて「Loft」
昔は東急ハンズと似ているなーと思っていましたが現在は品揃えを生活雑貨中心にしうまく棲み分けました。ということで少し物足りないところもありますが商品を見ているだけでそれなりに楽しめます。

Ryokou005

この2つのお店を見終わった頃には足が棒になってしまいます。本当は他にも行きたいところがあるのですが・・・

疲れたら船橋西武の屋上へ行きます。デパートの屋上って適度に寂れていて結構好きなんです。懐かしい感じがするんですね。船橋西武には9階に屋上庭園というところがあります。

Ryokou006

どうしてここに羊が?と思いながらも羊たちの群れに癒されます。デパートの屋上ってとっても不思議な空間です。

2007年10月18日 (木)

ポップアップ広告?

最近電車内にも増えつつあるポップアップ?の広告。

写真は東京メトロ銀座線でみつけた明治製菓「即攻元気ゼリー」の広告です。

Popup004

商品のネーミングも面白いのですが、この飛び出しに思わず目が惹きつけられてしまいます。効果絶大!しかしこれって本物が入っているんでしょうか?本物だとすると誰かが飲んじゃったりしないのでしょうかね。

どうしても触れて感触を確かめてみたいのですが満員電車の車内では人目も厳しくできません。きっと皆触ってみたくてしようがないのでは?・・・・・そのジレンマに陥った人はきっと購入することになるでしょう。

何れにせよ通常の広告の何十倍も目を惹きつけているようです。

2007年10月17日 (水)

ハロウィンの飾り

例年ほとんど代わり映えしないわが家のハロウィンの飾りです。

玄関はこんな感じ。壁にはいつも家族写真が飾ってあります。

Halloween01

トイレはこんな感じ。ちょっと寂しいですね。

Halloween02

こんな写真じゃあまり面白くないですね。

ということで話題を変えて・・・・・
「ハロウィン」といえば、やっぱりホラー映画の「ハロウィン」を思い出します。ブギーマンがやってきて次から次へと・・。アメリカ3大ホラー映画(ハロウィン、13日の金曜日、エルム街の悪夢)と言われていますが、その原点はこの「ハロウィン」にあると思っています。そして何といってもジェイミー・リー・カーティス。悲鳴の女王とはよくいったものです。

「ハロウィン」のジョン・カーペンターは大好きな映画監督の一人です。彼の作品はほとんど観ています。低予算の割りに面白い、たまにA級なのかB級なのか何とも微妙・・消化不良を起こしそうな映画もありますが、憎めないんです。勿論音楽や歌も自分でやってしまうというオールマイティー(低予算だから?)なところもいいんです。途中で投げ出したんじゃないかと思うような急展開があったりして。

マーティン・スコセッシ、ウォルター・ヒル、ジョン・ランディスなどと並んでひまじんが好きな映画監督の一人です。かなり影響されているかも。

ブギーマン、ジェイソン、フレディが活躍するわが家のハロウィンも近し。ということでした。

2007年10月16日 (火)

efuto 絵封筒展

先日、千代田区大手町にある「ていぱーく」(逓信総合博物館)で開催中の「efuto 絵封筒展」へ行ってきました。勿論自転車で!

Ryokou012

10月1日に民営化された日本郵政グループ、それに伴い「日本郵政グループ発足記念展」も同時開催されていました。

Ryokou011

絵封筒展では今までに見たことがない新しい封筒のカタチの数々が展示されていました。「封筒ってこんなに自由でいいんだ!」(このイベントのコピーなんですが)と私も素直に思ってしまいました。イラスト、紙切り、コラージュ、何でもありなんです。切手を絵の一部に使ったり、宛先が絵の中にとけこんでいたり、とにかくアイデアがとても面白いんです。封筒にも遊び心があると楽しいですね。封筒自体がメッセージや作品になるのです!単なる入れ物ではあまりにももったいない!

林家正楽さんの紙切りも展示されていました。これまた絵封筒にはもってこいですね。

今回訪れた「第1弾企画展」は10月28日まで、「第2弾公募展」は11月8日から12月9日まで開催されます。公募展の作品の応募締め切りは10月31日(消印有効)です。必ず展示されるそうなので皆様も是非応募してみては如何でしょうか?

入館料は大人110円なんですが無料招待券を「ていぱーく」のホームページで入手できます。

2007年10月15日 (月)

子どもがつくる豊かな時間

先日、映画「トントンギコギコ図工の時間」に出演されていた小学校図工専科教諭内野先生の講座に参加してきました。

Kosaku47

現在小学校ではどんどん図工の時間が削られています。
(それに代わって英語の時間はどんどん増えています。)

唯一五感をフルに使った図工の時間が削減されていくのはとても残念なことです。こどもたちには今この時にしかできない表現を存分に楽しんで欲しいものです。

現在のこどもたちには「時間」、「空間」、「仲間」という3つの「間」がなくなっているというお話がありました。これには「ひまじん」も大いに共感しました。確かにこの3つの「間」さえあればこどもたちは最高に輝きます。一体誰が奪っているのでしょうか。

実際に内野先生の生徒たちの作品もたくさん紹介して頂きました。その表現力には毎度のことですが心を打たれます。パンチをくらったくらい衝撃的です。

いつの時代でもこどもたちの中には「豊かさ」があります。ただ今はそれを表現する機会があまりにも少ないんです。

皆様も「図工の時間」について考えてみませんか?

2007年10月14日 (日)

相撲博物館

巷を騒がせている相撲。長い歴史と文化を持つ相撲は単なる競技という枠を超えた存在ですね。今後どうなっていくのでしょうか。

先日、両国国技館1階にある相撲博物館に行ってきました。

Ryokou007

存在感ある両国国技館。実は私はコンサートでしか入ったことはありません。

Ryokou008

渦中の日本相撲協会の事務所もここにあります。マスコミ関係の人もたくさんいました。

Ryokou009

国技館壁面の大きな絵。迫力満点です。相撲気分が盛り上がります!

Ryokou010

相撲博物館では「不知火型展」開催中でした。なかなか分からないことが多い相撲ですが、ここへ行けば様々な資料で相撲の歴史や文化が分かります。入館無料というのもありがたいですね。

2007年10月13日 (土)

デッサン人形アート

街を歩くと多くのショーウィンドウを目にしますよね。特に銀座では有名ブランドショップが立ち並び人々を楽しませています。

夢と希望を与えるショーウィンドウ。そこには幸せな物語のワンシーンがあります。

たった1枚のガラスで隔てられた空間なのに何だかとっても遠い別世界。ふとガラスに映った自分の姿をみて現実に引き戻されます。切ないですねー。

前ふりはこのくらいに・・・

デッサン人形を使ったショーウィンドウもあるんですねー。デッサン人形もマネキンのようなものですから、小さなショーウィンドウには有効ですね。

Omoshiro19

Omoshiro20

幸せそうな男女のデッサン人形の物語でした。
(写真へたですみません。)

人々が寝静まった真夜中、2人のデッサン人形は静かに動き出し、朝まで愛を語り合っているんでしょうね。

2007年10月12日 (金)

だまし絵立体③ どうなってるの?

だまし絵立体シリーズ第3弾!

これは変! 明らかに変です! よーく、見てください。

Damashi004

まわりの階段を辿ってみて下さい。
時計回りに辿ると・・・いつまでも階段を上り続けることになります。
時計と反対回りに辿ると・・・いつまでも階段を下り続けることになります。
ちょっと写真が下手ですがそう見えますよね?

これはエッシャーの無限階段です。もしこんな階段があったら大変ですね。でも写真のように実在するんです。どういうことでしょう?

2007年10月11日 (木)

ポップアップカード クリスマスカード 教会

かなり早いのですが、クリスマスのイメージ写真を撮り始めました。(本当はもう遅い!)

第一弾としてクリスマスの教会カードを使ってみました。今回は台紙を少々アレンジしてクリスマスっぽい小物といっしょに撮ってみました。

Popup005

上の教会は両サイドの木と星が面倒なのでこんなパターンも。

Popup006

クリスマスのプレゼントと同じようにポップアップカード(教会)にもリボンがかかっているように見せようと思いました。

しかし写真はとっても難しいですねー。その上、小物もいいものがないし、私自身のセンスもない・・・どうしても安っぽくなってしまうんです。まぁこれが今の実力ですね。

少しずつセンスを磨いていきたいと思います。

2007年10月10日 (水)

未来科学技術情報館

新宿三井ビルディング1Fにある未来科学技術情報館。今年12月26日に閉館してしまうんです。とても残念です。

Ryokou001

大型ピンレリーフ、大型シャボン玉装置などの見て触れて楽しめる展示、工作教室、実験教室など充実したイベント、子どもたちだけでなく大人も楽しめる場所なんです。

Ryokou002

写真左の「キラりん博士になろうメモ」をもって全ての展示物を体験すれば博士の認定証も貰えますよ。

新宿で少し時間が空いた時など是非のぞいてみて下さい。入場無料です。同じフロアにはエプソンのギャラリーやキャノンのショールームもあります。

2007年10月 9日 (火)

だまし絵立体② どうなってるの?

だまし絵立体シリーズ第2弾です。前回の作品は如何でしたか?

さて今回はこの作品です。よーく、見てください。

Damashi003

「コ」の字形の立体の棒状の部分の向こう側からこちら側へ棒が真っ直ぐに通っています。こんなの有り得ますか?でもこれは実際にあるものを写真に撮ったものです。

一体どうなっているのでしょう?

絵なら描けますが実際にあるのです。皆様はどう説明しますか。

我々がもっている常識ってこんなものです。この写真の前には全く通用しません。くれぐれも惑わされないように!

2007年10月 8日 (月)

妙典まつり

昨日は妙典駅前ロータリーにて「妙典まつり」が催されました。「妙典」なんて如何にも古めかしい名前なのですが、駅の南側(妙典4、5丁目)はとても新しい町なんです。ということで今年で2回目のまだまだ新しいおまつりです。

Ryokou003

ロータリーを車両通行止めにし、そこに設けられたステージで、地域の人々によるコーラス、太鼓、空手、フォークソング、ダンス、吹奏楽などが行われました。そして子どもみこしはロータリーを練り歩きました。

私はというとロータリー内でのんびりと日光浴を楽しみながら過ごさせて頂きました。お陰でその後のお仕事が大変で・・・もうこんな時間!!!寝ます。

2007年10月 7日 (日)

ハロウィンのポップアップカード かぼちゃからお化け!

ハロウィンのポップアップカードを作ってみました。

カードを開くと同時にかぼちゃからかわいいおばけ一家が飛び出します。

Kabochaobake

パパお化けはエドヴァルド・ムンクの「叫び」を真似しています。

2007年10月 6日 (土)

火事に遭遇

先日新宿にて火事に遭遇しました。

火はもう消えた後のようでしたが消防車、救急車、パトカーなど20台以上がまだ現場にとまっていて多数の野次馬が人垣を作って見物していました。状況については全くわかりませんが、この場所は昨年切断された遺体が見つかった場所に程近いような・・・。何かと恐ろしいと思いました。

Shinjuku06

雑居ビルが密集するこの地域での火災は一歩間違えると大惨事になりかねません。これから冬を迎えるにあたり気を引き締めなくてはと思いました。

2007年10月 5日 (金)

東京大学

先日所用で東京大学へ行ってきました。さすがは日本初の大学、古く興味深い建物がたくさんあります。空襲を免れたのは奇跡ですね。折角なので写真を撮ってきました。

Todai01

言わずと知れた赤門です。てっきり正門だと思っていましたがそうではないそうです。たくさんの観光客が記念に写真を撮っていました。

この狭い赤門、自転車が次から次へとくぐりぬけていくんです。観光客や歩行者にぶつかりそうで・・・かなりの危険地帯かもしれません。

Todai02

東大のシンボルとも言える安田講堂です。内田祥三氏によるゴシック様式の建築物は現在でも存在感がありますねー。内田氏による建築物はキャンパス内随所にありました。

他にも興味深い建物はたくさんありました。皆様も出かけてみては如何?

2007年10月 4日 (木)

福田繁雄さんのトリックアート 潮風公園

お台場サイクリングでは必ず立ち寄る潮風公園。ここにも素敵なアートがあります。日本を代表するグラフィックデザイナー、福田繁雄さん。私もトリックアートには大変興味があります。

Art001

これはジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」ですね。でも横から見ると・・・

Art002

うわおー。何とグランドピアノなんです!
こんなアートがこんな風に都会の海辺の公園にひっそりと存在するところがさらに素敵ですね。

2007年10月 3日 (水)

上野動物園一人旅

先日の10月1日、「ひまじんのやかた」2歳の誕生日、お祝い旅行と称して一人旅しました。旅といっても日帰りなんですが・・・

さて、どこへ行こうかといろいろ調べているうちに、そうだ!都民の日だから今日は無料の施設がいっぱいあるはずだ! と。東京都のホームページを探してみると、あるわあるわ・・・。うーんどこにしよう?

最後は現代美術館にするか上野動物園にするかで相当悩みました。美術館なら一人でもおかしくないし・・・でもパンダも捨て難い。うーん。悩む。

・・・パンダにあえるということで上野動物園に決めました。やっぱり「パンダ」だよなー。

お弁当に特売で買った第一パンの一口包みソーセージ(7個入り)とブレンディ挽きたてカフェオレ(500ml)をカバンに入れていざ出発!

平日の朝の混みあった電車に、カーゴパンツにTシャツで、頭には迷彩キャップ、カーキ色のショルダーバッグをだらしなく肩に引っ掛けている私はちょいと目立っているようです。視線が厳しい~。

でも「そんなの関係ねー! そんなの関係ねー!」 
ポータブルオーディオでヴァン・マッコイのハッスル(←古いですねー)を聴きながら元気を取り戻し、地下鉄を乗り継いで上野公園に到着。

最初は動物園のゲートを通るのがちょっと恥ずかしいかなーと思っていたけど、すっごい人・人・人!さすがは都民の日。これなら全く目立たな~い!他人の家族に紛れて入園成功!

まずはパンダちゃんのところへレッツゴー!

リンリンちゃーん!

Panda01

更に大きな声で「リンリンちゃーん、こっちむいてー!」

もそ・もそ・もそ・もそ

Panda02

30分以上パンダ舎前で眺めていましたが、わずかこれだけ動いただけ。顔を見ることは出来ませんでした。(涙)
しかし尻尾の色は「黒」ではなく確かに「白」でしたね。やっと確認できました。でも何だか消化不良・・・

気を取り直して他の動物たちに会いに・・

Dobutuen01

百獣の王、ライオンさんはとっても眠そうでした。私も眠い!

Dobutuen02

絶滅の危機にあるゴリラさんはのんきに草を食べていました。キミは絶滅の危機にあるんだぞー。ここで私もなぜか一気に3個のパンを食しました。確かに食わなきゃ死んでしまう。

Dobutuen03

あしかさんは空模様ばかり気にしていました。確かに降ったり止んだりで洗濯物が心配です。

Dobutuen04

しろくまさんは暑さでいらいらしているようだし・・・

Dobutuen05

ぺんぎんさんはいちゃいちゃしてさらにしろくまさんをいらつかせるし・・ 

Dobutuen06

ワニさんは私を食べ物のように見るんです。

Dobutuen07

カメさんは草をくわえたまま何やら考えごと!突然固まってしまいました。

Dobutuen08

サイさんは全くやる気なし。

Dobutuen09

ハシビロコウさんに至っては「何やら珍しい鳥だなー」と思ってみていたら「なにみてんだよー」って睨み返されました。

動物のみなさん、本当に歓迎ありがとうございました!

一人動物園の旅は思ったより素敵なものでした。こどもに連れ回されることもなく、お気に入りの動物を心行くまで眺めていられるんですから!ワンダフル!

結局楽しみにしていたパンダの顔を拝めず、心残りに思いながら動物園を後にしました。が・・・これで終わりではなかったのです!池之端口を出て不忍通りでいきなりパンダに出会うことができました。しっかりとこちらを向いていて・・しかも笑顔なんです。思わず写真におさめました。

Dobutuen10

やっぱり記念日、いいことありますねー。

2007年10月 2日 (火)

だまし絵立体① どうなってるの? 

だまし絵ってありますよね。

実際には有り得そうもない立体が描いてあったりして!とても面白いですよね。

例えば ほらっ、こんな絵!

Damashi002
何か変なところありますか?

「こんな形は現実には有り得ないよ!」などと考えていませんか?

いや、実在するのです!

我々が如何に思い込みで絵を見ているか証明しましょう。

我々は無意識に常識やルールにとらわれてモノを見ているんです。

なんちゃって芸術家のひまじんがその常識を壊してさしあげましょう。

ほらっ!

Damashi001

現実にあるじゃないですか。

皆様、今すぐモノの見方を変えましょう。気づかないうちに洗脳されているのです!

2007年10月 1日 (月)

ハッピー・バースデー・トゥー・ひまじんのやかた

「ひまじんのやかた」 本日2歳になりました!

「おーっ」 (←歓声) パチ パチ パチ (←拍手)

今日はどんな日かというと・・

・都民の日(都民じゃないけど)
・コーヒーの日(飲む 飲む!)
・ウォルト・ディズニー・ワールド開園の日(行ったことないけど)
・ウルトラセブン放送開始の日(大好き!)
・ジュリー・アンドリュースの誕生日
・イチローがメジャーの年間最多安打記録を更新した日

調べてみると次から次へと・・・相変わらずひまじんな私。

Omoshiro18_2

どんな2歳になるのでしょうか。
ひまじん業に行き先はあるのだろうか?
あくまでひまじん的に生きるのみ!

これが「ひまじんスタイル!」 

まだよちよち歩きですが、宜しくお願いします。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


スポンサードリンク


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ