スポンサード リンク


ひまじん研究所 運営サイト

お気に入りの本

  • ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス

    ロバート・サブダ: 不思議の国のアリス
    私の人生を変えたしかけ絵本。 この本と出会えなかったらどうなっていたのか…信じられないほど飛び出す! リアルに動く! 360度から楽しめる驚きのしかけ絵本。

  • ロバート・サブダ: The Night Before Christmas

    ロバート・サブダ: The Night Before Christmas
    クリスマスのプレゼントは絶対コレ! 恋人にも、子どもにも。ページをめくればたちまち夢のような魔法に包まれ奇跡のひと時を過ごせます。 暖炉の前で、ベッドで、手にとって楽しむ美しいしかけ絵本。これぞクリスマスの奇跡。

  • デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ

    デビッド・A. カーター: 実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ
    しかけ絵本を学びたくなったらこれ。さまざまなしかけを実際に手にとって勉強することができます。まさに飛び出す教科書。飛び出すカードでみんなを驚かそうと思っているあなた、秘かにしかけ絵本作家を目指すあなた、おススメです。

  • のぶみ: しかけのないしかけえほん

    のぶみ: しかけのないしかけえほん
    しかけ絵本もここまで進化。「しかけのない」しかけ絵本。ガツーンとやられました。小さなお子様がいらっしゃる方は是非。プレゼントにも最適。勿論そうでない方も楽しめます。

エコのみっくす

ひまじんが参加している団体

最近のトラックバック

« マークトゥエイン号船着場 | トップページ | 地球の人口 »

2006年3月17日 (金)

モンブラリン

中学生の頃、塾の地理の先生が「とうもろこし」のことを「とうものこし、とうものこし」と連発して言っていた。「とうものこしの産地は?」という具合に。

聞き間違いなのか、舌がうまくまわらないのかと思っていたが、ある生徒が指摘したところ、「とうものこしがどうしたって?、えっ、とうものこしじゃないの?」と先生はのたまった。

ず~っと「とうものこし」と思っていたそうなのです。教えてくれる友達がいなかったのでしょうか。それとも「とうもろこし」を食べる機会がなかったのでしょうか?

私の娘も以前よく混乱していたのを思い出します。

「れいぞうこ、それとも でいぞうこ?」

「エアコン、それとも エヤコン?」

モンブランのことをモンブラリンと言うのだけはとても恥ずかしかった。特にケーキ屋では。

店員さんの微妙な表情を今でも忘れません。

« マークトゥエイン号船着場 | トップページ | 地球の人口 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

「エレベーター」が、「エベレータ-」

なんていうのも、ありでしょうか??

うーん、それ以上思い浮かばない。。。若年寄か??(そんな偉くない!!)

趙行徳様
コメントありがとうございます。
そうか。それもありましたね。
実は私も大人になってから、たくさん恥をかきました。

こんはんは!!

「恥」ですが、「かきすて」ではないので、いくらでも、恥はかきます。(逆説です。)
まだまだ、小僧のままですが、大人たる恥の意味を考えています。それは、躊躇することでもないと思っています。

私見ですが、毎日勉強です!!
今後ともよろしくお願いいたします!!

趙行徳様
コメントありがとうございます。
私は年をとるたびに少しずつ恥ずかしい気持ちがなくなってきました。分からないことの方断然多いということが分かってきましたから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143874/9124676

この記事へのトラックバック一覧です: モンブラリン:

« マークトゥエイン号船着場 | トップページ | 地球の人口 »

スポンサードリンク


フォト

ひまじんのつぶやき

ご意見・ご感想等お気軽に!


2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入りの音楽

無料ブログはココログ